• ヘルプ
  • MYページ
  • カート

専門家コラム Professional Eye

中小企業のための 民法(債権法)改正による契約への影響

「120年ぶりの大改正」といわれる今回の改正ですが、中小企業への影響はどれほどなのでしょうか。民法改正が中小企業に影響を及ぼす重要論点をピックアップしてお伝えしていきます。

  1. サポートクラブ会員限定 総集編(2) 民法改正Q&A (2018/1/15)
  2. サポートクラブ会員限定 総集編(1) 各回のまとめ (2017/12/21)
  3. サポートクラブ会員限定 [第6回] 保証契約 (2017/11/16)
  4. サポートクラブ会員限定 [第5回] 債権譲渡 (2017/10/13)
  5. サポートクラブ会員限定 [第4回] 定型約款 (2017/9/15)
  6. サポートクラブ会員限定 [第3回] 請負契約での報酬請求権と瑕疵の補修 (2017/8/17)
  7. サポートクラブ会員限定 [第2回] 代金減額請求権 (2017/7/14)
  8. サポートクラブ会員限定 [第1回] 総論および契約の成立について (2017/6/16)

執筆者プロフィール

高岸直樹氏(二松學舍大学国際政治経済学部准教授・税理士)
1998年、税理士登録。上場会社からベンチャー企業まで、ニーズに応じた税務実務を指導する一方、大学で会社法や金融商品取引法講義の教鞭をとり、税務と企業法務の両分野に精通。2016年には二松學舍大学国際政治経済学部准教授(会社法)に就任。
企業実務サポートクラブとは?詳しくは資料ダウンロード